はじめに

近年は会社や職場での盗撮事件が増加しています。

会社内での盗撮は出入りする人が限られていて発覚しづらい上に、発覚したとしても公共の場所ではないため、都道府県の迷惑防止条例で規制していないことも多く、警察の取締が難しい場所です。

「職場で誰が…」と思われるかもしれませんが、下記のような場所では、比較的簡単に盗撮を行うことができてしまいます。

  • 雑居ビル
  • 入室チェックのないオフィス・更衣室・社員寮
  • 男女共同トイレのある会社

また、退職者、特にトラブルで辞めた人がいたり、女性が多い職場では、特に注意を払うべきです。

従業員から盗撮調査の要望が出ていないとしても、調査を行うことで、従業員の満足度や安心感を高めることができます。以下で、調査すべき場所、盗撮の発見方法などをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

いつどこで盗撮される?隠しカメラの設置位置や種類

「具体的に会社や職場で盗撮される場合、隠しカメラはどのような種類・形状のものが、どこに設置されるのかをご説明します。

【2-1】フック型カメラ

トイレでの盗撮は、有ってもおかしくないフック型のカメラを使用されるがあります。

通常、本物の荷物掛けフックはドアや壁の高い位置に設置され、盗難防止のため2段フックになっています。しかし、盗撮用はカメラの画角の問題もあり、不自然に低い位置に設置されていたり、100均で売られているような簡素なものが多いです。

また、レンズ部分がミラーコート加工してあり、一見ではレンズがわからないものまであるので、フックの位置や形状などに違和感を覚えたら、隠しカメラの可能性も考えてみましょう。

【2-2】コンセント型カメラ

フック型同様で、擬態させた隠しカメラです。

近年のトイレはウォッシュレットや温座機能付きが標準的になってきましたので、トイレにコンセントがあっても疑問には感じません。

ただ、通常は個室の奥側下部の目立たない場所にあることの多いコンセントが、不自然に開けた場所にあったり、便座からコードの届かない前の方にある場合は特に要注意です。

コンセントに何か刺さっている場合、異物として気にされる方は多いですが、コンセントそのものが盗撮用のカメラだと思う人は意外と少ないので、盲点になります。

【2-3】スマホを巧妙に隠して撮影

シンプルな盗撮方法として、スマートフォンを隠しカメラとして利用する方法があります。

例えばトイレットペーパーのストックの影に隠したり、紙袋やダンボールなどに入れて更衣室に置いておくといった方法も取られています。

これらの方法はスマートフォンが大きいこともあり、注意していれば比較的発見しやすく、発覚して逮捕されるケースもこの方法の場合が多いです。

一見「忘れ物かな?」と思うようなものに隠されていることが多いため、注意しましょう。

【2-4】火災報知機や時計、芳香剤に擬態させたカメラ

更衣室によく設置されるのが、火災報知機や時計、芳香剤に擬態したカメラです。

特に天井は通常視線が向かない場所であり、本物の火災報知器と混ざって擬態させた設置されていても、よほど警戒していなければ気づくことは難しいでしょう。

また、時計や芳香剤も更衣室にあって違和感のないもので、設置場所の自由度も高いため、よく利用される盗撮方法です。

【2-5】ネジに擬態させたカメラ

更に見つけにくいものとして、ネジに擬態させたカメラによる盗撮もあります。

これは加工が前提になりますが、電池ボックスなどを収納できるような形状のものであれば、オリジナルの盗撮機器が作れてしまうので、見つけることが非常に困難になります。

盗撮で使われる隠しカメラの見つけ方・調査方法

盗撮に使われるカメラは、基本的には何かに擬態させたカメラかスマートフォンですが、隠しカメラが電波を発信するかどうかによって見つけ方は異なります。

【3-1】電波を発信する盗撮機器

電波を発信する隠しカメラは多数派ではありませんが、例えばコンビニのトイレに設置して利用されるケースもあります。いわゆるロードサイド型であれば駐車場を併設しているコンビニも多く、車の中で飲食する人も珍しくありません。これを隠れ蓑にして電波を受信する盗撮者がいます。

また、会社のトイレの場合、男女のトイレが隣接しているケースもあります。このように共同トイレではなくても近くにある場合、電波が届くこともあるので、注意が必要です。

電波を発信する隠しカメラを見つける場合、電波式盗撮カメラ発見器という専門器具を用いることになります。隠しカメラ以外に様々な電波が飛んでいる環境でも、幅広い周波数帯をスキャンし、受信することで、隠しカメラを発見します。

【3-2】電波を発信しない盗撮機器

盗撮の場合、電波の届く範囲が狭く、通常は10~15m程度が限界です。会社の場合、盗撮場所に人がいる頻度が低く、電波を受信して盗撮者が常駐できる場所も少ないことから、電波を発信しない録画タイプの方がよく使われます。

電波を発信しないタイプは、基本的には目視で見つけるしかありません。

とは言っても、広いトイレや更衣室の中から、1cmにも満たない小さなカメラレンズを探すことは簡単ではありません。

ご紹介してきたようなカメラの種類と設置位置に注意して、不審なものがあれば細かく確認するようにしましょう。

また、強力な赤色LEDライトを用いると、カメラのレンズがある場所だけ強く反射し、カメラを発見することができます

【3-3】盗撮発見・調査は、信頼できる専門業者への依頼がおすすめ

隠しカメラは、電波を発信するしないに限らず、一般の方が探してもなかなか見つけることは難しいでしょう。

実際にはあるのに「探しても見つからなかったから安心」と思ってしまったり、逆に、自分で探しても結局不安が残ったりしてしまいます。

盗撮調査の専門業者は、先ほどご紹介した無線式のカメラ発見器や受信機を駆使した細かい調査が可能です。

また、電波を発信しないカメラであっても、経験豊富なスタッフがよく設置されるポイントを中心にLEDを照射し、丁寧に調査することで隠しカメラを発見します。

東京近辺で、盗聴・盗撮の調査をご希望の方へ

これまでご説明してきたように、会社内のトイレや職場の更衣室での盗撮は、非常に多種多様なカメラが使われ、巧妙に隠されています。

定期的に調査することで従業員の不安を取り除き、安心できる環境を整えることをおすすめします。

『あんしん.com』は、東京・渋谷で1978年創業の信頼できる警備会社が提供する盗聴器・盗撮器発見サービスです。

当サービスの強み・特長は、

  1. 1978年創業で、安心な警備会社
  2. 最新機器による徹底的な調査
  3. 低価格で分かりやすい料金設定
  4. 女性スタッフによる対応が可能

です。生活の平穏と安心を取り戻し、万が一盗聴器が設置されていたら確実に発見するために、「盗撮されているかもしれない」と思ったら、まずは電話・メールの無料相談をご利用ください。