はじめに

電話中に変な音やノイズが混じったり、電波状況は悪くないのに突然通話中に電話が切れたり、無言電話やワン切り電話が多いことで、「もしかして盗聴されてる…?」と不安をお持ちの方は多いと思います。

日常生活で大事な情報を伝えたり、自分のプライバシーを話したりすることもある電話を盗聴されているとなれば、強い不安を感じるのも無理はありません。
今回は、電話の盗聴方法と対策についてご説明します。

ただ、一口に電話の盗聴と言っても、電話機の種類(携帯電話(ガラケー)、スマートフォン、固定電話)に応じてそれぞれ盗聴方法は全く異なります。それぞれ順番にご説明します。

携帯電話(ガラケー)の盗聴方法と特徴

【2-1】現在では携帯電話の通話盗聴は難しい

携帯電話の通信がデジタル化されて以降、一般の方が携帯電話の通話を盗聴することは非常に難しくなっています。

携帯電話は、電波のやり取りで通話しますが、1990年代半ばにこの電波がデジタル化されています。そのため、通常は電波を傍受しても暗号を解読することができず、盗聴はできません。

また、これはスマートフォンにも言えることですが、携帯電話ネットワークをハッキングすることで傍受する方法もあります。

携帯電話はSS7と呼ばれる信号方式を利用しており、世界中で使用されています。例えば、ドイツでは実際に銀行のパスワードを傍受された事例があります。

しかし、やはり高度な技術と一定の設備が必要で、通常この方法でご自分の通話が盗聴されることはありません。

【2-2】その他の盗聴方法を疑う

以上のように、携帯電話自体や電波を利用した携帯電話の盗聴は非常に難しいです。

通話中、雑音やノイズが混じったり、相手の声が途切れたり遠くなったりすることもあると思いますが、これらは電波障害や混線、携帯電話本体の故障・不調を考えたほうがいいでしょう。

しかし、携帯電話の盗聴で見落としがちなことが一つあります。持ち物や部屋など、通話場所での直接的な盗聴です。

例えば、ご自分のお部屋で通話されているとき、部屋の中に盗聴器があれば、少なくとも通話の片側は聞くことができますし、スピーカーモードにしていれば双方の会話を聞くことができます。

スマホの盗聴方法と特徴

【3-1】スパイアプリを利用する方法

スマートフォンでの盗聴は、先ほどの携帯電話と同様の方法以外にもあります。スパイアプリを利用する方法です。

スパイアプリとは、スマホに入れておくことで勝手に位置情報を発信したり、周囲の会話を録音したり、カメラで撮影したりできるアプリのことです。

このようなスパイアプリを自分のスマホに入れられてしまうと、自分の気づかないうちに盗聴、監視されてしまいます。

【3-2】スパイアプリの特徴

スパイアプリは、アプリ一覧に表示しない設定ができるため、利用者が気づきにくいという特徴があります。スマホの設定ではなくアプリ側の設定で非表示にすることができ、用心深い人でもなかなか気づくことはできません。

また、スパイアプリといえどもインストールする時点ではそのスマホ端末のパスワードなどを知っている必要があります。端末のロックを解除しなければインストールはできません。

「自分は端末をしっかりロックしているから安心…」と思われるかもしれませんが、ちょっとした拍子に知人や恋人、配偶者にパスワードを見られていたりすることも珍しくありません。

つまり、端末のパスワードを設定しているだけでは、安心はできないのです。

【3-3】スパイアプリの種類と機能|ケルベロス・ALON DICTAPHONEなど

スパイアプリは、有名なものでは「ケルベロス」や「ALON DICTAPHONE」などがあります。なお、こうしたアプリを勝手にインストールすることは、不正指令電磁的記録共用罪(刑法168条の2第2項)にあたる可能性がある違法行為で、立派な犯罪です。

ケルベロスは非常に強力なアプリで、GPSによる探知、カメラでの撮影、周囲の録音などが可能です。2014年と2018年にはケルベロスを利用した盗聴、GPSの探知で逮捕者も出ています。2014年の事件では、2ヶ月間で音声記録666回、通話履歴確認399回、位置情報検索35回などを行ったとされました。

ALON DICTAPHONEは会議などの録音に用いられるICレコーダーのようなアプリです。ただ、周囲で音が発生しているときだけ録音することのできる機能が搭載されているため、アプリを入れたスマホを置いておくことで事実上の盗聴も可能です。

【3-4】スパイアプリへの対処法|発見と初期化

スパイアプリへの対処は、まずアプリを発見することからです。 盗聴されている不安のある方は、端末の設定画面からアプリ一覧を確認し、アプリが入っていないことを確認しましょう。

また、Android端末ならPlayストアで、iPhoneならApp Storeでアプリを検索することで、インストールされているかを確認することができます。

どうしても不安という方は、スマホ本体を初期化しましょう。ただし、もちろん他のアプリやデータも消えてしまいますので、バックアップを忘れないようにしましょう。

固定電話の盗聴方法と特徴

【4-1】固定電話の盗聴方法

固定電話の盗聴方法は大きく分けて2種類あります。

1.クリップ型盗聴器

クリップ型盗聴器は、壁の中にある電話線にかませて盗聴するものです。 普段の生活でコンセントなどを外すことはありませんから、非常に気づきにくいのが特徴です。また、クリップ型盗聴器を発見しても、撤去にはAI/DD第三種以上の電気通信設備工事担任者の資格が必要です。

2.擬態型盗聴器

擬態型盗聴器は、日常生活にあっても違和感のないものに擬装・擬態した盗聴器です。電話に限らず幅広く使われます。固定電話であれば、端子やアダプタ、モジュラージャック、カールコードなどに擬態させており、やはり非常に気づきにくいものです。

【4-2】固定電話盗聴の特徴

クリップ型盗聴器、擬態型盗聴器のいずれも電話回線を電源にして動作しているため、基本的には半永久的に動作します。

しかしながら、近年は固定電話自体がない家も結構あるので、オフィスなど利用されるケースが限定され、企業でも営業マンなどは各自携帯電話を支給されていることが多く、以前より固定電話の盗聴を狙うことが減っているように思われます。

逆に対策・予防の観点かいうと盗聴が難しい携帯電話を使用することをお勧めします。

【4-3】盗聴器発見のためのチェックポイント

固定電話の周辺に盗聴器を設置する場合、どうしても電話線周りや固定電話本体に触れる必要があります。そのため、普段動かさないはずの固定電話を動かした形跡があれば注意しましょう。

固定電話をある程度移動させたり、掃除で動かすという方は、壁のコンセントや電話線の端子などを確認しましょう。クリップ型盗聴器は難しいですが、擬態型盗聴器は他の端子とは少し色が違ったり、妙に新しかったりすることがあります。

また、固定電話を使っている際に、雑音やノイズ、変な音が聞こえてきたり、音が不自然に途切れたりする場合は、盗聴器による電波障害の可能性もあります。

東京近辺で、盗聴・盗撮の調査をご希望の方へ

ご説明してきたように、電話の盗聴器というのは色々な種類があり、固定電話かスマホかでも盗聴方法は異なります。

また、いかに電話の盗聴器に注意していても、部屋全体を盗聴できるように設置されていれば盗聴されてしまいます。

市販の盗聴器発見器は、感知精度が低く、とりあえずの調査にしか使えません。それではあまり安心できないでしょう。

盗聴されている、という不安をお持ちの方は、専門の知識と技術を持った業者に依頼して、調査してもらうのがおすすめです。

『あんしん.com』は、東京・渋谷で1978年創業の信頼できる警備会社が提供する盗聴器・盗撮器発見サービスです。当サービスの強み・特徴は

  1. 1978年創業で、安心な警備会社
  2. 最新機器による徹底的な調査
  3. 低価格で分かりやすい料金設定
  4. 女性スタッフによる対応が可能

です。生活の平穏と安心を取り戻し、万が一盗聴器が設置されていたら確実に発見するために、「盗聴器があるかもしれない」と思ったら、まずは電話・メールの無料相談をご利用ください。