東京・渋谷 信頼できる警備会社の盗聴器・盗撮器発見サービス │ あんしん.com

調査事例

CASE.01 簡易調査器による不安

特定の部屋でのみラジオにノイズが入るため、気になるとのことで調査依頼を受けました。
ノイズが入る部屋は過去に家電製品の設置で業者が出入りして簡易工事を行った経緯があるので、念のため調査してほしいとのことでした。

なお、お客様は「事前に通販で1万円程度の簡易盗聴発見器にて確認したが、 電源が入ってるのかどうかもよくわからなかった」と仰っていました。

あることがキッカケで簡易盗聴発見器などを購入したが、正常に機能しているのかわからなかったり、盗聴波ではない電波を拾ったりして、余計に不安になってしまうというケースはかなりの割合になります。

本件、盗聴波は存在しませんでしたが、ノイズが入るお部屋でのみ電波障害が発生するのは事実でした。その部屋のみ密閉された厚い壁の部屋だったため電波が受信しにくい状況でノイズが入っていたものと思われます。

当サービスでは、女性の1人暮らしやお引っ越しされたばかりのお客様に限り、1LDKまで20,000円(税込)で調査いたしますので、簡易盗聴発見器などの扱いがよくわからないなどの場合は、是非一度ご相談ください。

CASE.02 賃貸物件のトラップ

娘が引っ越しをしたので調査してほしいという親御さんからのご依頼でした。
不動産屋のオプションサービスで簡易盗聴発見器レンタルというものがあり、試しに利用したところ、反応したので不安になったということでした。

本件、お客様の不安要素が“試しに使用した簡易盗聴発見器にて反応があった”という条件のみだったので、恐らく盗聴波以外の電波をキャッチしたものと推測しておりましたが、本当の盗聴波を確認し、詳細に調査したところ、コンセント内に仕掛けられた盗聴器を発見しました。

コンセント内の盗聴器の撤去には、第二種電気工事士の資格が必要で、当サービスでも別途料金になりますが 承っております。今回は引っ越し直後ということもあり、不動産屋に撤去作業費の負担を申し出た方が良いというアドバイスをし、後日、撤去作業を行いました。
(撤去作業費の負担は不動産屋により異なりますので、ご注意ください。)

賃貸物件の引っ越しの場合、前の居住者が被害に遭っていたケース、前の居住者自身が仕掛けたケース、出入りした業者(内装工事や清掃、引っ越し業者など)が仕掛けたケース、といくつものパターンが考えられますが、今回の場合、簡単に仕掛けられるものではないので、前の居住者、もしくは出入りした業者が設置した可能性が高いと思われます。

また、次に部屋に入居してくる人物がどのような人かわからないため、愉快犯的犯行と思われます。「設置した人=盗聴している人」とは限らないので、誰でも被害に遭う可能性があるケースです。

たまたま盗聴波を受信して、そこから興味が湧き、ストーカーに発展することもありますので、特に女性の1人暮らしの場合、予防として引っ越しの際に調査される方が増えつつあります。

なお、引っ越し先に電源タップなどが置いてあった場合などは、必ず廃棄することをお勧めします。

CASE.03 外からうかがう侵入者

空き巣に入られたというお客様からのご依頼でした。
盗聴器などを仕掛けられていると、再度、外出時を狙い空き巣に入られるのではないかと心配で調査してほしいとのことでした。閑静な住宅街の少し奥まった所で、お客様が不安になるのも無理はないという場所でした。

身近で空き巣被害に遭ったという話はあまり聞かないかもしれませんが、実は盗聴調査では 空き巣被害者からのご依頼が結構あります。見知らぬ人が自宅に侵入した形跡があれば気持ち悪く感じ、調べたくなるのも当然です。

プロの空き巣の場合、犯行に気づかれない程度に金銭などを盗み複数回侵入することもあるようです。本件は空き巣でしたが、別れた恋人や夫婦などで合鍵を持っている場合なども同様に盗聴器で様子をうかがい、外出時を狙って部屋に入るケースもあるので注意が必要です。

本件、盗聴波は存在しませんでしたが、立地や物件自体が侵入しやすい環境だったので、ドアの鍵の増設などの防犯指導を行いました。弊社は警備会社なので、防犯などのご相談も承ります。

CASE.04 休めない有名人の杞憂

受付にコンシェルジュが常駐している高級タワーマンションのお客様からのご依頼でした。
特に細かい事情などは仰らず、調査して欲しいとのことで、このようなケースの場合、必要事項のみ説明を行い、通常とは逆に細かい状況などはお訊きいたしません。

有名人・著名人の方の場合、代理人の方がお立合いになるケースがほとんどですが、当サービスでは、 お客様の個人情報はごく一部の担当者のみしか共有しておりません。
また、お客様よりご相談を受けない限り、詳細な事情などは詮索いたしませんので、ご安心ください。

有名人・著名人、資産家のお客様は特に危機管理の意識が高く、細かいことは抜きにして、とにかく盗聴波があるかないかの確認をしたいとのご依頼を受けます。

本件、早めに現地に到着したので、マンション下のひと気のないところでハンディの受信機にてスキャンしたところ、特に盗聴波は確認できませんでした。ところが、高さ100mを優に超える依頼者宅にて調査したところ、人はいないのか音声は聴こえませんでしたが、完全な盗聴波を受信しました。

なお、当該盗聴波は依頼者宅ではなく、恐らく、同じフロアもしくは上下階に設置されているものと思われました。

環境にもよりますが、一般的な盗聴器の受信範囲は数十mから100mくらいとなります。

調査前にマンション下で確認した時は受信できなかったこともあり、また、コンシェルジュが常駐しているため、外部の者が盗聴器を設置したのではなく、家庭内もしくは同マンション住人による設置と推測ができます (設置しても外からでは受信できないため)。

家族や友人・知人を疑いたくはないですが、現実として、そのような事例も多々ありますので、ご不安な場合は、一度ご相談ください。

CASE.05 広がる噂で社内に亀裂

法人のお客様からのご依頼で、人の出入りが多い施設内の調査でした。女性職員の多い職場で、あることがキッカケで職員の間で盗聴器が仕掛けられているという噂が広がってしまい 困っているという管理職の方からのご相談のケースです。

最近はこのような職場内での人間関係や社内ストーカーに困っているという管理職の方からのご相談・ご依頼が 増えています。単なる噂には留まらず、人間関係がギクシャクして業績にも響くといったケースも珍しくありません。

法人様の場合、人の出入りが多く不審に思われることがないので、盗聴をする側からすると盗聴がしやすい環境と言えます。また、盗聴器自体も電源タップ、計算機、USBメモリなど オフィス内に置いてあっても誰も気に留めない形態の物が多いので、探索が非常に困難となります。

本件、スキャンによる盗聴波の確認はできませんでしたので、電波を発しない録音機器を目視にて探索しましたが、当該機器の確認はできませんでした。

オフィスに設置されている盗聴器の場合、出入りが自由な分、取り外しを頻繁に行えるため、予防策として定期調査を行う法人のお客様もいらっしゃいます(従業員に対するリスクマネジメントのアピール)。

特にコミュニケーション能力が高く、ストーカー被害などが身近な問題としてある女性従業員が多い職場の場合、噂の広がるスピードが速いため、需要が高まっています。

ご要望の場合、御報告書、御見積書、請求書など、各種書類もご用意できますので、お困りの管理職の方はご相談ください。

CASE.06 金銭トラブルの末路

ある業界にて起業されたお客様から事務所の調査をしてほしいとのご依頼でした。
お客様は元々その業界で会社勤めをしており、その時のお得意様を引き抜いての独立でした。仕事がらみとはいえ、結果的に金銭関連によるトラブルのもつれです。

金銭関連のトラブルは親族、友人、知人、仕事関係と多岐にわたり、ご相談・ご依頼があります。本件は特に手が込んでいて、最終的に警察沙汰になったケースです。

本件、調査開始後、すぐに盗聴波をキャッチし、軽く手を叩いたところ激しく反応し、完全に部屋の中にあることを確信しました。その後、指向性アンテナを用いて場所を特定し、電源タップ型の盗聴器を発見しました。

お客様のご要望で盗聴器を取り外した後、警察を呼び、その後の調査で依頼者の方が元々勤めていた会社の従業員が留守中に合鍵を作り、侵入・設置したことが判明しました。

合鍵を作って侵入という手の込んだ盗聴(犯罪)ですが、本件では、盗聴器の設置方法というより、盗聴波の受信方法が非常に巧妙で少し驚きました。なお、その方法は悪用される可能性があるので、ここには記載いたしません。

金銭が絡むトラブルの場合、より過激な方法で盗聴をしてくる傾向にあります。
当該事例とは異なりますが、相続問題で親族同士がトラブルになるケースは、家の出入りが比較的容易なこともあり、よくご相談・ご依頼をいただきます。ご不安な点がございましたら、大きな問題となる前に是非ご相談ください。

※上記事例は実際にあった調査を元に、特定を避けるため、内容に影響のない箇所を若干変更しております。

ご相談は無料です

お急ぎの場合はお電話にてお問い合わせください